集中力なら売り切れたよ

プログラミングや、将棋などについて書きます。

初級者向けの将棋入門本『将棋上達の方程式』シリーズを借りた

図書館で 4 冊ほど借りた。日本将棋連盟から出版されている『将棋上達の方程式』シリーズで、初級者には最適な本だと思う。

超初心者 将棋上達の方程式

これは本当に初めて将棋を学ぶ人向けで、簡単すぎて必要なかった。ルールから系統だって覚えたいという人にはいいかもしれない。

超初心者 将棋上達の方程式

超初心者 将棋上達の方程式

将棋上達の方程式 手筋の公式 基礎編

超基本からの本。図面が多くて読みやすく、一番最初の本としていいと思った。『羽生の法則』シリーズも手筋の本だが、口調が堅くて親しみにくい上に、手筋を種類別に分けられてもいないので、読みにくかった。次の一手本としてはよいと思うが、自分のような初級者には『将棋上達の方程式』のほうが良い。

将棋上達の方程式 手筋の公式 基礎編

将棋上達の方程式 手筋の公式 基礎編

初級者将棋上達の方程式 囲いの公式

図面がひとつひとつ丁寧に載っているので、盤に並べなくてもサーッと見ることができる。初級者はまず囲いを覚えるのがいいと云われるが、なぜその形がいいのかというのを解説してくれる本は少ない。『羽生の法則 第 5 巻 玉の囲い方』という本も少し読んだが、そちらは囲う手順が書いてあるだけでなぜそう囲うのかという解説がほとんどなく、初級者には役立たずで読むのが苦痛で読み切れなかった。その点でこの本は、初級者向けなだけあって居玉の問題点から始まり、矢倉の形はなぜ堅いのか、美濃囲いはなぜ堅いのか、金銀が逆の形になっていたらどうまずいのかなどをきちんと解説してくれて、とても面白い。

初級者将棋上達の方程式 囲いの公式

初級者将棋上達の方程式 囲いの公式

初級者将棋上達の方程式 寄せの公式

基本的な寄せの考えが学べる。玉は下段に落とすほど寄せやすいことの理由の解説や、頭金の超基本からなので、終盤力強化の一番最初の本には絶対にこれがいいと思った。もう少し早くこれに出会いたかった。詰将棋の華麗な手筋ばかりに見慣れていると、実際に対局しているときにもっと簡単な基本の寄せを見逃すことがあるので、この本の基礎的な問題も覚えておいて定期的に復習したいと思う。

初級者将棋上達の方程式 寄せの公式

初級者将棋上達の方程式 寄せの公式